/

菊池純礼、女子500で3連覇 全日本距離別ショート

スピードスケート・ショートトラックの全日本距離別選手権第1日は3日、長野県の帝産アイススケートトレーニングセンターで行われ、女子の500メートルは菊池純礼(富士急)が3連覇し、1500メートルは神長汐音(全日空商事)が制した。

女子500メートルで優勝した菊池純礼=左(3日、長野県帝産アイススケートトレーニングセンター)=アフロスポーツ/JSF提供・共同

男子の1500メートルは17歳の宮田将吾(大阪・大商大高)が終盤に吉永一貴(中京大)をかわして優勝した。500メートルは菊池耕太(恵仁会)が2連覇した。

新型コロナウイルス感染防止のため、無観客で開催された。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン