/

神戸・横浜Mとも敗れる ACL

サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は28日、カタールのアルワクラで東地区1次リーグが行われ、G組第4戦で、既に決勝トーナメント進出を決めている神戸は広州恒大(中国)に0-2で敗れ、今大会初黒星を喫した。2勝1敗の勝ち点6で、同組首位は守った。

神戸―広州恒大 後半、ゴール前に攻め込む神戸・イニエスタ(28日、カタール・アルワクラ)=共同

H組第4戦は横浜Mが上海上港(中国)に1-2で屈して勝ち点9で並び、突破を持ち越した。

神戸は前半にPKとFKで失点、後半途中からイニエスタら主力を投入して攻勢をかけたが無得点だった。横浜Mは前半に先制を許し、オナイウの得点で一度は追いついたが、後半に勝ち越された。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン