/

井上尚、防衛戦へ最後のスパーリング 18日に渡米

世界ボクシング協会(WBA)と国際ボクシング連盟(IBF)のバンタム級統一王者、井上尚弥(大橋)が17日、横浜市内の所属ジムで3ラウンドのスパーリングを行うなど、31日に米ネバダ州ラスベガスで行われる防衛戦に向けた国内練習を打ち上げた。16日に受けた新型コロナウイルス感染症のPCR検査は陰性で、18日に渡米する。

スパーリングを行う井上尚弥=左(17日、横浜市)=大橋ジム提供・共同

井上尚はジムの大橋秀行会長を通じ「最後のスパーリングも納得のいく出来。今回はラスベガスで無観客という未知の世界ですが、とても楽しみでワクワクしている」とコメントした。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン