スポーツ > 競馬 > ニュース > 記事

競馬

日本馬ディアドラは4着 競馬のアイルランドG1

2019/9/15 1:14
保存
共有
印刷
その他

競馬のアイリッシュチャンピオンステークス(2000メートル芝8頭、G1)は14日、アイルランドのレパーズタウン競馬場で行われ、オイシン・マーフィー騎乗の日本馬ディアドラ(5歳牝馬、橋田満厩舎)は欧州屈指の強豪相手に4着と健闘した。

前走のナッソーS(英国)で海外G1初優勝を飾ったディアドラは7番手を追走。最後の直線は進路が狭くなったが、外に持ち出しゴール前で鋭く伸びた。1番人気のマジカル(アイルランド)が2番手から楽に抜け出して優勝した。

日本中央競馬会(JRA)が発売した馬券の主な払戻金は、単勝が(5)で150円、馬連は(4)-(5)で2480円、馬単は(5)-(4)で2990円、3連複は(4)-(5)-(6)で3090円、3連単は(5)-(4)-(6)で1万30円。売り上げは6億1491万5100円だった。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

競馬のコラム

電子版トップスポーツトップ

競馬 一覧

 日本中央競馬会(JRA)は21日の定例記者会見で、計156頭の競走除外馬を出した禁止薬物問題の再発防止対策を発表した。JRA施設内における飼料販売業者を承認制とし、厩舎関係者が競走馬に与えることがで …続き (21日 19:37)

 日本中央競馬会(JRA)は21日、2020年の日程を発表し、東京五輪期間中(7月24日~8月9日)は馬術競技への所属獣医師、馬運車の派遣要請への対応と、暑熱対策のため例年の3場開催から小倉を休止し、 …続き (21日 18:06)

菊花賞で優勝した武豊騎乗のワールドプレミア(左)=共同

 「ひと言で(いえば)騎手がうまいですよね」。最後の一冠を制したワールドプレミアの友道康夫調教師は勝因を問われ、こう答えた。この言葉通り、50歳7カ月6日という菊花賞の最年長優勝記録を更新した武豊の熟 …続き (20日 23:29)

ハイライト・スポーツ

[PR]