スポーツ > ニュース > 記事

スキーW杯複合団体、永井・渡部剛弘の日本A11位

2018/3/4 0:49
保存
共有
印刷
その他

【ラハティ(フィンランド)=共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)複合は3日、フィンランドのラハティで団体第4戦スプリントが行われ、永井秀昭(岐阜日野自動車)渡部剛弘(ガリウム)の日本Aが11位、加藤大平(サッポロノルディックク)山元豪(ダイチ)の日本Bが12位だった。ウィルヘルム・デニフルとベルンハルト・グルーバーのオーストリアAが優勝した。

日本Aは前半飛躍(ヒルサイズ=HS130メートル)を6位で終えたが、トップと57秒差で迎えた後半距離(15キロ)で遅れた。平昌冬季五輪個人ノーマルヒル銀メダルの渡部暁斗(北野建設)は出場していない。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

スポーツニュース 一覧

 神奈川県海老名市の内野優市長は25日、2020年の東京五輪・パラリンピック時に市内の小中学生が会場で観戦できるよう、交通費やチケット代の全額補助を検討していることを明らかにした。定例記者会見で「子ど …続き (25日 22:35)

 神奈川県海老名市の内野優市長は25日、2020年の東京五輪・パラリンピック時に市内の小中学生が会場で観戦できるよう、交通費やチケット代の全額補助を検討していることを明らかにした。定例記者会見で「子ど …続き (25日 22:35)

記者会見で平昌冬季パラリンピックの5個のメダルを見せる村岡桃佳選手(28日午後、東京都千代田区の日本記者クラブ)=共同

 平昌冬季パラリンピックのアルペンスキー女子座位で金を含む5個のメダルを獲得した村岡桃佳選手(早稲田大)が28日、東京都内の日本記者クラブで記者会見し「5種目全てでメダルを取れるとは思っていなかった。 …続き (28日 19:46)

ハイライト・スポーツ

[PR]