/

羽生は銀、チェンが2連覇 世界フィギュア

フィギュアスケートの世界選手権最終日は23日、さいたま市のさいたまスーパーアリーナで行われ、男子はショートプログラム(SP)で3位につけた冬季五輪2連覇の羽生結弦(ANA)がフリー2位の206.10点をマークし、合計300.97点で銀メダルを獲得した。SP6位の宇野昌磨(トヨタ自動車)がフリー4位の合計270.32点で4位。日本勢は来年の出場枠で最大3枠を確保した。

銀メダルを獲得し笑顔を見せる羽生

ネーサン・チェン(米国)がSPに続いてフリー1位の216.02点を出し、合計323.42点で2連覇。フリー、合計の得点は現行ルールの世界最高となった。田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)は合計238.40点で14位だった。

アイスダンスは平昌五輪銀メダルのガブリエラ・パパダキス、ギヨーム・シゼロン組(フランス)がリズムダンス(RD)、フリーともに1位の合計222.65点で現行ルールの世界最高得点を更新し、2年連続4度目の優勝を果たした。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン