/

錦織・西岡が連敗、日本はD組最下位 テニスATP杯

男子テニスツアーの団体戦、ATPカップは6日、メルボルンで行われ、1次リーグD組の日本はシングルスの西岡良仁(ミキハウス)、錦織圭(日清食品)が連敗してアルゼンチンに敗れ、通算2敗で同組最下位が決まった。

日本―アルゼンチン シングルス第2試合でディエゴ・シュワルツマンと対戦する錦織圭(6日、メルボルン)=共同

世界ランキング57位の西岡は44位のギド・ペラに3-6、6-7でストレート負け。41位の錦織は9位のディエゴ・シュワルツマンに1-6、7-6、0-6で屈した。ダブルスのマクラクラン勉(イカイ)松井俊英(APF)組も敗れた。

新型コロナウイルスの影響で4日から延期されたカードで、錦織らにとっては全豪オープン(8日開幕)に向けた最後の実戦となった。

準決勝はロシアがドイツ、イタリアがスペインをそれぞれ下し、決勝に進んだ。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン