サッカー

元カメルーン代表エトーが引退 バルサやインテルで活躍

2019/9/8 0:45
保存
共有
印刷
その他

サッカーの元カメルーン代表で、アフリカ年間最優秀選手に4度輝いたFWのサミュエル・エトー(38)が引退を表明したと7日、2004~09年に所属したスペイン1部リーグ、バルセロナの公式サイトが伝えた。

エトーはバルセロナではリーグでアフリカ選手初の得点王に輝いた。バルセロナとイタリア1部リーグ(セリエA)のインテル・ミラノで通算3度の欧州チャンピオンズリーグ(CL)制覇を経験した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

サッカーのコラム

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 【ロンドン=共同】サッカーの2020年欧州選手権予選は13日、各地で行われ、G組のポーランドとI組のロシアが各組2位以内を確保して本大会出場を決めた。
 G組首位のポーランドは2―0で北マケドニアを下 …続き (9:20)

 【ウエスカ(スペイン)=共同】サッカーのスペイン2部リーグで13日、ウエスカのFW岡崎慎司は本拠地のラシン戦にフル出場したが、得点はなかった。試合は1―1で引き分けた。
 サラゴサのMF香川真司は敵地 …続き (9:15)

 【ケルン(ドイツ)=共同】J1神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(34)が13日付の大衆紙ビルトのインタビューで、今季で切れる神戸との契約について「これまで幹部からは何も話がなく、自分の日本 …続き (13日 23:52)

ハイライト・スポーツ

[PR]