/

阪神ドラ1佐藤輝明「早く打ちたい」 新人合同練習開始

阪神の新人合同自主トレーニングが9日、2軍本拠地の鳴尾浜球場で底冷えする午前9時半ごろに始まり、キャッチボールやダッシュなどに励んだ。ドラフト1位の大型スラッガー佐藤輝明内野手(近大)は「しっかり動けて(体に)いい張りがある。みんな意識が高い。早く打ちたい」と刺激を受けた様子だった。

育成を含めた9選手がそろう中、視察に訪れた矢野監督は「今、持っている力で思い切り勝負してほしい。壁に当たった時が自分を成長させてくれる」と訓示。大きな期待を背負う佐藤輝は「大学で打てない時期もあったが、何とか進んでこられた。これからも乗り越えていきたい。しっかりアピールし、最終的に新人王」と意気込んだ。

感染症対策としてルーキーはそれぞれ代表取材に応じ、同じく即戦力候補で3位の佐藤蓮投手(上武大)は「最初からアピールできるようにベストな状態でキャンプに入りたい」。4位の栄枝裕貴捕手(立命大)は「梅野さんら、うまい捕手がいるので食らいついていきたい」と力を込めた。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン