/

楽天・松井、打球受けて右手掌打撲 OP戦で一回緊急降板

楽天は7日、松井裕樹投手が静岡県内の病院で診察を受け「右手掌打撲」と診断されたと発表した。今後は状態を見ながら復帰を目指す予定。

松井は同日、中日とのオープン戦(静岡)に先発登板した。一回にビシエドが放った痛烈な打球がグラブをはめた右手付近に当たり、打者4人に投げたところでそのまま緊急降板した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン