/

海老沼と志々目が優勝 柔道のGSパリ大会第1日

【パリ=共同】柔道のグランドスラム・パリ大会第1日は6日、パリで行われ、男子66キロ級の海老沼匡(パーク24)と同60キロ級の志々目徹(了徳寺学園職)が優勝した。海老沼は準々決勝で昨夏の世界選手権覇者、安バウル(韓国)に一本勝ちするなど強さを見せて制した。志々目も相手にポイントを許さず、全5試合を勝ち抜いた。

女子は63キロ級の田代未来(コマツ)が決勝でクラリス・アグベニェヌ(フランス)に屈して2位。リオデジャネイロ五輪代表の座を争う2人が出た48キロ級は浅見八瑠奈(コマツ)が準決勝、3位決定戦と敗れ5位。近藤亜美(三井住友海上)は初戦で姿を消した。

男子73キロ級は秋本啓之(了徳寺学園職)が3位、中矢力(ALSOK)が5位だった。2人は準々決勝で対戦し、中矢が脚取りで反則負け。秋本は準決勝で、優勝した安昌林(韓国)に一本負けした。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン