スポーツ > 競馬 > ニュース > 記事

競馬

アーモンドアイ、海外G1初制覇 競馬のドバイ国際競走

2019/3/31 7:29
保存
共有
印刷
その他

【ドバイ=共同】競馬のドバイ国際競走は30日、日本馬9頭が参戦してアラブ首長国連邦(UAE)ドバイのメイダン競馬場で行われ、ドバイ・ターフ(1800メートル芝、G1)でアーモンドアイ(4歳牝馬、クリストフ・ルメール騎乗)が最後の直線で力強く抜け出し、海外G1初制覇を果たした。昨年の牝馬3冠レース、ジャパンカップと合わせてG15連勝。

ドバイ・ターフで優勝したアーモンドアイ(30日、メイダン競馬場)=ロイター

ドバイ・ターフで優勝したアーモンドアイ(30日、メイダン競馬場)=ロイター

プロ野球、大リーグで活躍した佐々木主浩氏が所有し、このレースを最後に引退するヴィブロスが2着で、日本馬が1、2着を独占した。秋華賞馬ディアドラは4着。

ドバイ・ゴールデンシャヒーン(1200メートルダート、G1)では、武豊騎乗のマテラスカイが2着。ドバイ・シーマクラシック(2410メートル芝、G1)はシュヴァルグランが2着、スワーヴリチャードが3着に続き、一昨年のダービー馬レイデオロは6着だった。

UAEダービー(G2)でデルマルーヴルは4着、ゴドルフィンマイル(G2)のノンコノユメは10着だった。

ドバイ・ワールドカップ(G1)に参戦予定だったケイティブレイブは出走を取り消した。サンダースノー(UAE)が同レース史上初の連覇を果たした。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

競馬 一覧

 第68回北海道新聞杯クイーンステークス(2日・札幌11R1800メートル芝14頭、G3)11番人気の伏兵レッドアネモス(吉田隼人騎乗)が、1分45秒9のタイムで、重賞初制覇を果たした。
 中団で脚をた …続き (2日 16:58)

 日本中央競馬会(JRA)は31日、1997年の菊花賞を制したマチカネフクキタル(26歳牡馬)が同日、余生を送っていた山梨県の小須田牧場で死んだと発表した。通算成績は22戦6勝(うち重賞3勝)。〔共同 …続き (31日 13:10)

 日本中央競馬会(JRA)は30日、8月15日から9月6日まで、新潟競馬場での開催のみ観客を入れて実施すると発表した。新潟県内在住で、事前に指定席を購入した1日約600人に限定。同じ日程の札幌、小倉は …続き (30日 12:53)

ハイライト・スポーツ

[PR]