/

前田穂南は5000で2位 陸上、無観客で競技会再開

陸上のホクレン中長距離チャレンジ第1戦は4日、北海道の士別市営陸上競技場で行われ、女子5000メートルAに出場した東京五輪マラソン代表の前田穂南(天満屋)は15分35秒21で2位だった。宮田梨奈(九電工)が15分34秒22で1位。

女子5000メートルA組 力走する前田穂南(右)と宮田梨奈(4日、士別市営陸上競技場)=代表撮影・共同

女子1500メートルは田中希実(豊田自動織機TC)が日本歴代2位の4分8秒68で制し、広中璃梨佳(日本郵政グループ)は5位。東京五輪マラソン代表補欠の大塚祥平(九電工)は男子3000メートルで10位だった。

陸上の競技会は新型コロナウイルスの影響で休止していたが、今月から再開。今大会は全国から選手が集まる主要大会の先駆けで、招集所を設置しないなどの感染防止策を講じて無観客で行われた。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン