/

一山が女子5000制す ホクレン陸上、男子3000障害で三浦優勝

陸上のホクレン中長距離チャレンジ最終戦となる第4戦は18日、北海道の千歳市青葉陸上競技場で行われ、女子5000メートルAは東京五輪マラソン代表の一山麻緒(ワコール)が15分6秒66で制した。同代表の前田穂南(天満屋)は15分31秒51で10位だった。

女子3000メートルAは田中希実(豊田自動織機TC)が8分51秒49で1位。男子3000メートル障害では18歳の三浦龍司(順大)が日本歴代2位の8分19秒37をマークして優勝した。同5000メートルは遠藤日向(住友電工)が13分18秒99で2位、同1万メートルは鈴木健吾(富士通)が27分57秒84で3位に入った。

北海道在住者300人を上限として観客を入れて行われた。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン