/

レスリング片桐が銀、角らは銅逃す アジア選手権

【西安=共同】レスリングのアジア選手権第5日は27日、中国の西安で男子グレコローマンスタイルの5階級が行われ、55キロ級で片桐大夢(拓大)は初戦の2回戦で韓国選手、準決勝でカザフスタン選手を下したが、決勝でウズベキスタン選手に敗れて銀メダルだった。

男子グレコローマン55キロ級で2位となり、表彰式で記念写真に納まる片桐大夢=左端(27日、西安)=共同

87キロ級で昨年2位の角雅人、77キロ級で小路直頌(以上自衛隊)はともに2回戦で敗れて敗者復活戦を勝ったが、3位決定戦で屈し、銅メダルを逃した。

63キロ級の山田義起(日体大)は2回戦、130キロ級の河野隆太(あづまフーズ)は1回戦で敗退した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン