/

陸上男子100、山県が10秒58で優勝 福井国体

第73回国民体育大会「福井しあわせ元気国体2018」第8日は6日、福井県営陸上競技場などで行われ、陸上の成年男子100メートルはジャカルタ・アジア大会銅メダルの山県亮太(広島・セイコー)が向かい風5.2メートルの条件下、10秒58で優勝した。アジア大会200メートル覇者の小池祐貴(北海道・ANA)が10秒71で2位に入った。

成年男子100メートルで優勝し、笑顔の広島・山県亮太(6日、福井県営陸上競技場)=共同

山県はともに向かい風を受けた予選で10秒53、準決勝で10秒39だった。

成年女子100メートルは世古和(三重・クレイン)が12秒21で、同400メートル障害は宇都宮絵莉(兵庫・長谷川体育施設)が57秒54で勝った。

スポーツクライミングの成年女子ボルダリングは原田朝美(長崎国際大)大河内芹香(西九州大)の長崎が優勝。今季のワールドカップ(W杯)総合優勝の野中生萌(東京都連盟)を擁する東京は2位、世界選手権銀メダルの野口啓代(茨城県競技力向上対策本部)のいる茨城は3位だった。

柔道の女子は3回戦までが行われ、鹿児島などが準々決勝に進出。バドミントンの成年女子は秋田などが8強入りした。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン