/

競泳・長谷川、女子200バタV ジャパンOP

世界選手権(7月・韓国)代表の追加選考会となる競泳のジャパン・オープン第3日は1日、東京辰巳国際水泳場で行われ、女子200メートルバタフライは既に代表に決まっていた長谷川涼香(東京ドーム)が2分7秒26で制した。400メートルメドレーリレー代表の牧野紘子(東京ドーム)が0秒06差の2位で派遣標準記録を突破し、この種目の代表権をつかんだ。

男子200メートルバタフライはクリシュトフ・ミラク(ハンガリー)が1分54秒71で優勝。同種目代表の瀬戸大也(ANA)は2位だった。リオデジャネイロ五輪銀メダルの坂井聖人(セイコー)は3位で派遣標準記録に届かなかった。

女子の100メートル自由形は大本里佳(イトマンSS)が54秒18で勝ち、400メートルリレーの代表権を手にした。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン