/

空手・形で喜友名と清水がV アジア選手権、組手で西村ら優勝

【タシケント=共同】空手のアジア選手権第2日は20日、タシケントで行われ、形は男子で世界選手権3連覇中の喜友名諒(劉衛流龍鳳会)と女子で元世界女王の清水希容(ミキハウス)がともに優勝した。喜友名は大会4連覇。団体の形は男女とも日本が制した。

男子形決勝 優勝した喜友名諒(20日、タシケント)=共同

組手は、男子75キロ級の西村拳(チャンプ)と67キロ級の篠原浩人(マルホウ)が優勝。男子84キロ超級の香川幸允(テアトルアカデミー)と女子50キロ級の宮原美穂(帝京大職)は準優勝だった。

男子84キロ級の荒賀龍太郎(荒賀道場)、女子68キロ級の染谷香予(テアトルアカデミー)、同61キロ級の森口彩美(AGP)は3位となった。

今大会は、東京五輪出場のためのポイント対象大会。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン