/

安藤が女子59キロ級V、見附ら日本記録タイ 全日本重量挙げ

重量挙げの全日本選手権第2日は25日、岩手県奥州市の江刺中央体育館で行われ、女子59キロ級で昨年の世界選手権5位の安藤美希子(キュアリアス)がスナッチ90キロ、ジャーク121キロのトータル211キロで優勝した。

女子64キロ級は山本真鼓(名古屋産大大学院)が日本記録に並ぶトータル213キロをマークし、2016年リオデジャネイロ五輪代表の松本潮霞(ALSOK)らを抑えて初制覇。女子71キロ級はスナッチで日本記録を2キロ上回る100キロを挙げた見附絵莉(大阪府警)が日本記録タイのトータル217キロで勝った。

男子81キロ級は笠井武広(ALSOK)がトータル332キロで制した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン