/

女子の日本勢、メダルならず 世界フェンシング

【ライプチヒ(ドイツ)=共同】フェンシングの世界選手権第4日は22日、ドイツのライプチヒで個人2種目の本戦が行われ、女子サーブルでは福島史帆実(法大)が2回戦で第1シードのアンナ・マルトン(ハンガリー)を15-8で破って3回戦も勝ち、江村美咲(中大)田村紀佳(旭興業)とともに8強入りしたが、準々決勝で3人いずれも敗退し、女子の個人種目で日本勢初のメダル獲得はならなかった。

リオデジャネイロ五輪代表の青木千佳(ネクサス)は1回戦で敗れた。

男子エペでは予選を勝ち上がった宇山賢(三菱電機)がベスト8入りしたが、エペ種目で日本勢初のメダルを懸けた準々決勝で敗れた。加納虹輝(早大)は3回戦、リオ五輪個人6位の見延和靖(ネクサス)は1回戦で屈した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン