その他スポーツ

男子高飛び込み、12歳玉井は4位 飛び込みGP

2019/6/8 22:55
保存
共有
印刷
その他

【マドリード=共同】飛び込みのグランプリ(GP)スペイン大会は7日、マドリードで行われ、4月の日本室内選手権で最年少優勝した男子高飛び込みの12歳、玉井陸斗(JSS宝塚)が377.85点で4位に入った。

男子高飛び込みの決勝で4位だった玉井陸斗(7日、マドリード)=共同

男子高飛び込みの決勝で4位だった玉井陸斗(7日、マドリード)=共同

兵庫・高司中1年の玉井はシニアの国際大会デビュー戦で予選、準決勝を勝ち抜き、上位6人による決勝に進出。表彰台争いを演じたが、ミスが響いて3位と7.45点差で表彰台を逃した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

 【ロサンゼルス=共同】北米プロアイスホッケーNHLのベットマン・コミッショナーは26日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で3月12日から中断しているレギュラーシーズンを打ち切り、7月以降に各カンファ …続き (10:21)

 日本スポーツ振興センター(JSC)は26日、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言の解除を受けて、東京都北区にある選手強化拠点の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)の利用を27日から再開する …続き (26日 20:04)

22年から国際パラリンピック委員会(IPC)の新本部となる旧州議事堂の建物(ドイツ・ボン)

 ドイツのボンにある国際パラリンピック委員会(IPC)の本部は、昔の推理小説に出てくるような「古い洋館」という形容がぴたりとあてはまる。玄関へのスロープ、地上3階地下1階を貫く大型エレベーターと完全バ …続き (26日 20:04)

ハイライト・スポーツ

[PR]