/

平野、石川は準決勝敗退 卓球グランドファイナル

女子シングルス準決勝でプレーする平野美宇(10日、ドーハ)=共同

【ドーハ=共同】卓球のワールドツアー上位選手で争うグランドファイナル第3日は10日、ドーハで行われ、女子シングルス準決勝で16歳の平野美宇(エリートアカデミー)はリオデジャネイロ五輪団体銀メダルのハン・イン(ドイツ)に0-4で敗れ、決勝進出を逃した。石川佳純(全農)も世界ランキング4位の朱雨玲(中国)にストレート負けした。

平野は準々決勝では帖雅娜(香港)を4-3、石川は梁夏銀(韓国)を4-2で下した。

男子シングルスは村松雄斗(東京アート)が準々決勝で世界3位の許●(中国、●は日へんに斤)にストレートで敗れた。

男子ダブルスで2連覇を狙う森薗政崇(明大)大島祐哉(ファースト)組は準決勝で何鈞傑、唐鵬組(香港)に快勝し、決勝に進出した。女子ダブルス準決勝は浜本由惟(エリートアカデミー)早田ひな(福岡・希望が丘高)組が、橋本帆乃香(大阪・四天王寺高)佐藤瞳(ミキハウス)組を下した。

21歳以下の部の男子シングルスは準決勝で村松が及川瑞基(専大)に勝って決勝に進出した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン