2019年6月27日(木)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

審判部長、理事会招集の要請示唆 稀勢の里昇進で

2017/1/21 23:34
保存
共有
印刷
その他

日本相撲協会で昇進問題を預かる二所ノ関審判部長(元大関若嶋津)は大相撲初場所14日目の21日、13勝1敗で初優勝した大関稀勢の里に関し、横綱昇進を諮る臨時理事会の招集を八角理事長(元横綱北勝海)に要請する意向を示唆した。

千秋楽の取組前に審判部内で臨時会議を開き、意思統一を図る。稀勢の里は千秋楽に横綱白鵬戦が控えているものの、二所ノ関部長は「何よりも優勝したことが大きい。昨年は年間最多勝で安定感もある」と評価。八角理事長は、横綱昇進の話題に「終わってからだ」と述べるにとどめた。

協会の諮問機関、横綱審議委員会(横審)の守屋秀繁委員長(千葉大名誉教授)は「14勝した方がいいが、もうよろしいのではないか。(白鵬戦は)重要視しないでいいのでは」と私見を述べた。同委員長はトップと2差の12勝だった先場所後の会合後、稀勢の里の綱とりに否定的だったが「横綱2人に大関1人が途中休場する中で、これだけ頑張ったことを評価したい」と話した。

平成以降に誕生した横綱9人のうち8人が直近2場所を連続優勝。鶴竜は優勝決定戦で敗れた翌場所で初優勝し昇進した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

朝稽古で汗を流す朝乃山(26日、愛知県蟹江町の高砂部屋宿舎)=共同

 5月の大相撲夏場所で初優勝した東前頭筆頭の朝乃山が26日、愛知県蟹江町の高砂部屋で幕下力士と10番取り、名古屋場所(7月7日初日・ドルフィンズアリーナ)に向けた本格的な稽古を開始した。「前に前に出る …続き (26日 17:15)

明るい表情でトレーニングする白鵬(25日、愛知県豊田市)=共同

 右上腕負傷で夏場所を全休した横綱白鵬は25日、愛知県豊田市の宮城野部屋で四股やダンベルを使ったトレーニングなどで体を動かし「思っているように動けている。大型力士との稽古も試したい」と、明るい表情だっ …続き (25日 17:22)

名古屋市内で開かれた力士会後、取材に応じる大関貴景勝(25日)=共同

 右膝に不安を抱え、大相撲名古屋場所(7月7日初日・ドルフィンズアリーナ)の出場が不透明な22歳の大関貴景勝が25日、名古屋市北区の千賀ノ浦部屋で稽古を再開した。初のかど番となる今場所に向け「どうなる …続き (25日 16:09)

ハイライト・スポーツ

[PR]