その他スポーツ

男子走り幅跳び、城山が日本新でV 陸上のナイトゲームズ

2019/8/17 22:41
保存
共有
印刷
その他

陸上のナイトゲームズ・イン福井は17日、福井県営陸上競技場で行われ、男子走り幅跳びで城山正太郎(ゼンリン)が3回目に日本新記録となる8メートル40を跳んで優勝した。橋岡優輝(日大)が8メートル32で2位。1992年に森長正樹が出した8メートル25の日本記録を橋岡が1回目に7センチ更新し、さらに城山が今季世界2位の跳躍で塗り替えた。

男子走り幅跳び 3回目に8メートル40をマークし、日本記録を更新した城山正太郎(17日、福井県営陸上競技場)=共同

男子走り幅跳び 3回目に8メートル40をマークし、日本記録を更新した城山正太郎(17日、福井県営陸上競技場)=共同

同110メートル障害では高山峻野(ゼンリン)が13秒25の日本新記録で優勝。7月に自身がマークした13秒30を更新した。女子100メートル障害は寺田明日香(パソナグループ)が日本記録に並ぶ13秒00で制した。

男子100メートルは桐生祥秀(日本生命)が10秒05で勝ち、多田修平(住友電工)が2位。同200メートルは白石黄良々(セレスポ)が20秒27で制し、2位の飯塚翔太(ミズノ)、3位の山下潤(筑波大)までが今年の世界選手権の参加標準記録に達した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

W杯複合団体第2戦で3位となった日本の渡部暁斗(前列右から2人目)、山本涼太(前列右端)、永井秀昭(後列右から2人目)、渡部善斗=後列右端(25日、オーベルストドルフ)=共同

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)複合は25日、ドイツのオーベルストドルフで団体第2戦が行われ、山本涼太(早大)渡部暁斗(北野建設)永井秀昭(岐阜日野自動車)渡部善斗(北野建設)で臨んだ日本 …続き (0:09)

W杯ジャンプ女子個人第8戦で4位だった高梨沙羅(25日、ルシュノブ)=共同

 【ルシュノブ(ルーマニア)=共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子は25日、ルーマニアのルシュノブで個人第8戦(ヒルサイズ=HS97メートル)が行われ、高梨沙羅(クラレ)は91 …続き (25日 23:07)

 卓球のTリーグは25日、横浜文化体育館などで男女各2試合が行われ、男子は東京が岡山に3―1で勝ち、10勝4敗で首位を守った。彩たまは琉球を3―2で下して連勝を4に伸ばし、8勝6敗で2位。
 女子は首位 …続き (25日 21:50)

ハイライト・スポーツ

[PR]