/

マラソン男子にワンジルら出場 世界陸上、ベケレ出ず

【ロンドン=共同】陸上の世界選手権のマラソンは6日に行われる。出場選手が5日に発表され、川内優輝(埼玉県庁)、井上大仁(MHPS)、中本健太郎(安川電機)が臨む男子は、今年のロンドン・マラソン覇者のダニエル・ワンジル(ケニア)らが名を連ねた。

持ちタイムが最も速いのは2時間4分11秒のタミラト・トラ(エチオピア)。当初エントリーされたトラックの元王者ケネニサ・ベケレ(エチオピア)は出場しない。

安藤友香、清田真央(ともにスズキ浜松AC)、重友梨佐(天満屋)が挑む女子は前回覇者のマレ・ディババや、2時間19分31秒の記録を持つアセレフェチ・メルギア(ともにエチオピア)らが走る。

タワーブリッジを発着点に、テムズ川沿いや市街地の10キロを4周する。男子は午前10時55分(日本時間午後6時55分)、女子は午後2時(同10時)にスタートする。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン