2019年5月21日(火)
スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

ボクシング福原、5月に世界再挑戦 WBOミニマム級元王者

2019/4/20 22:51
保存
共有
印刷
その他

世界ボクシング機構(WBO)ミニマム級元王者の福原辰弥(本田フィットネス)が5月31日にタイのチョンブリ県で、世界ボクシング評議会(WBC)同級チャンピオンのワンヘン・ミナヨーティン(タイ)に再挑戦することが20日、発表された。

福原は2017年の2月にWBOミニマム級の暫定王者となり、4月に正規王者に昇格、8月の初防衛戦に敗れた後、11月にWBC王者のワンヘンに挑戦したが判定負けした。

戦績は29歳の福原が33戦20勝(7KO)7敗6分け、33歳のワンヘンは52戦全勝(18KO)。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

 【ジュネーブ=共同】2020年東京五輪の実施競技からボクシングが除外の危機にある問題で、国際協会(AIBA)は20日、国際オリンピック委員会(IOC)の調査委員会に改革の状況を報告した。IOCは別団 …続き (8:27)

WBSSバンタム級準決勝で勝利した井上尚弥(左)と決勝で対戦するノニト・ドネア

 18日に英国グラスゴーで行われたワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級準決勝で、井上尚弥(大橋)がKO勝ちして決勝に駒を進めた。「階級最強」の勲章をかけて最後に対するのは、5階 …続き (20日 19:31)

10回、フェリックス・アルバラード(左)と攻め合う小西伶弥(19日、神戸ポートピアホテル)=共同

 国際ボクシング連盟(IBF)ライトフライ級タイトルマッチ12回戦は19日、神戸市の神戸ポートピアホテルで行われ、挑戦者で同級3位の小西伶弥(真正)は王者のフェリックス・アルバラード(ニカラグア)に0 …続き (19日 20:54)

ハイライト・スポーツ

[PR]