/

楽天・田中将、日本で通算100勝目 復帰後本拠地初登板で達成

楽天の田中将大投手が24日、楽天生命パーク宮城での西武5回戦で先発して米大リーグ、ヤンキースから復帰後初めて本拠地で登板し、6回1失点で8年ぶりに日本で白星を挙げ、日本での通算100勝目に到達した。

楽天に復帰後初の本拠地登板で、日本での通算100勝を達成し記念のボードを掲げる田中将大投手(24日、仙台市の楽天生命パーク)=共同

プロ野球139人目で177試合目での達成は1948年の藤本英雄(巨人)に並ぶ歴代2位のスピード記録。50年のセ、パ両リーグ分立後では61年の杉浦忠(南海=現ソフトバンク)の188試合を更新して最速。田中将の初勝利は2007年4月18日のソフトバンク戦。

田中将が仙台で登板するのは、米移籍直前の13年に巨人との日本シリーズ第7戦で救援してセーブを挙げ、球団初の日本一をつかみ取って以来。

当初は3月27日に本拠地での日本ハム戦で投げる予定だったが右脚を痛めて登板を回避。今月17日に東京ドームでの日本ハム戦で復帰後初登板して5回3失点で黒星を喫した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン