スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

ボクシング井上尚弥、右眼窩底を骨折

2019/11/9 23:46
保存
共有
印刷
その他

7日のワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級決勝で判定勝ちした井上尚弥(大橋)が9日、東京都内で取材に応じ、右眼窩底など顔に2カ所の骨折があったことを明かした。8日の精密検査で判明。全治は不明で、現時点で手術の必要はないという。

報道陣に骨折の状態を語る井上尚弥。左は大橋秀行会長(9日、東京都内)=共同

報道陣に骨折の状態を語る井上尚弥。左は大橋秀行会長(9日、東京都内)=共同

2回に受けた、右目上を切ったパンチが原因。「(相手が)二重に見えた時点でおかしいと感じていた。次戦には影響がないと(医師に)言われた。しばらく安静にする」と語った。

井上尚は世界ボクシング協会(WBA)、国際ボクシング連盟(IBF)の統一王者。次戦は来春にも計画されており、1カ月後に再検査を受けて練習再開を決める方針。〔共同〕

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

 世界ボクシング評議会(WBC)女子ライトフライ級暫定タイトルマッチが18日、メキシコのハリスコ州タマスラで行われ、挑戦者のチャオズ箕輪(ワタナベ)は暫定王者ケニア・エンリケス(メキシコ)に0―3の判 …続き (19:40)

 ボクシングの東京五輪アジア・オセアニア予選(2月・中国)に出場する男女代表が18日、強化合宿を行ったカザフスタンから帰国した。同予選開催地の武漢市では新型のウイルス性肺炎が発生しており、男子ライト級 …続き (18日 17:57)

 【ニューヨーク=共同】全米ボクシング記者協会は17日、2019年の各賞を発表し、年間最高試合に井上尚弥(大橋)がノニト・ドネア(フィリピン)を判定で下した11月7日のワールド・ボクシング・スーパーシ …続き (18日 11:51)

ハイライト・スポーツ

[PR]