スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

豪栄道、九州場所は綱とり 審判部長ら見解

2016/9/24 20:16
保存
共有
印刷
その他

日本相撲協会で番付編成を担う審判部の二所ノ関部長(元大関若嶋津)は大相撲秋場所14日目の24日、14戦全勝で初優勝を決めた大関豪栄道について、九州場所(11月13日初日・福岡国際センター)が初の綱とりとなる見解を示した。豪栄道は7月の名古屋場所を7勝8敗と負け越していた。

二所ノ関部長は「優勝したから、そういう(綱とりの)話題になるのは間違いない」と明言。千秋楽へ「もう1番勝ってほしい。全勝と14勝1敗では違う」と期待を寄せた。八角理事長(元横綱北勝海)も「(綱とりの)起点ができた」と評価した。

九州場所は、今場所全休の横綱白鵬の復帰が見込まれる。協会の諮問機関、横綱審議委員会の守屋秀繁委員長(千葉大名誉教授)は「3人の横綱に勝って優勝したら(横綱昇進に)反対できない。(新横綱となる場所の)3場所前の成績は不問」と話した。〔共同〕

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

朝乃山(右)に寄り切りで敗れた豪栄道

 勝負に懸ける執念や気迫で劣ったわけではないからこそ、この黒星の意味が豪栄道の背中に重くのしかかる。2桁白星で大関とりの望みをつなぎたい朝乃山の若い力が、33歳のベテランの意地をのみ込んだ結びの一番。 …続き (23日 21:19)

朝乃山(右)が寄り切りで豪栄道を破る(23日、両国国技館)=共同

 大相撲の西大関豪栄道(33)=本名沢井豪太郎、大阪府出身、境川部屋=が初場所12日目の23日、関脇朝乃山に寄り切られて8敗目を喫し、2場所連続負け越しで来場所の関脇転落が決定した。休場明けの今場所は …続き (23日 20:01)

貴景勝(手前)が小手投げで栃ノ心を下す(23日、両国国技館)=共同

 大相撲初場所12日目(23日・両国国技館)大関貴景勝は平幕栃ノ心を小手投げで下し、2敗を守った。平幕の正代、徳勝龍は1敗を保ち、首位をキープした。正代が小結阿炎を、徳勝龍は輝をともに突き落とした。
  …続き (23日 19:07)

ハイライト・スポーツ

[PR]