プロ野球

星野氏悼んで黙とう 中日―楽天、オープン戦を追悼試合に

2018/3/3 20:25
保存
共有
印刷
その他

プロ野球の中日で選手、監督を務め、1月4日に70歳で死去した星野仙一氏をしのび、3日、名古屋市東区のナゴヤドームで行われた中日―楽天のオープン戦は追悼試合として開催された。試合前は喪章をつけた両球団の選手らが黙とう。大型ビジョンには星野氏の映像が流された。

星野仙一氏をしのぶ献花台に向かって手を合わせるファン(3日午前、名古屋市のナゴヤドーム)=共同

星野仙一氏をしのぶ献花台に向かって手を合わせるファン(3日午前、名古屋市のナゴヤドーム)=共同

黙とうはオープン戦後に行われた日本代表―オーストラリア代表の強化試合前もささげられた。

ドームのゲート付近は献花台が置かれ、ファンが花を手向けた。場内では追悼パネル展を実施。星野氏が掲載された新聞紙面が飾られ、入場者は懐かしむように見入った。球団旗などは半旗として掲げられた。

中日の選手らは星野氏の監督時代のユニホームを着用。同氏が選手時代に背負った「20」を背番号、監督時代の「77」を胸につけて臨んだ。

試合後は悼む声が相次いだ。中日では星野氏に指導を受けた球界最年長の43歳、岩瀬仁紀投手が「感謝の気持ちをずっと持っている」と惜しんだ。昨年、通算2千安打を達成した荒木雅博内野手は「映像を見ると言われたこととか、いろいろ思い出す」と話した。

星野氏が最後に監督を務めた楽天では梨田昌孝監督が「モニターに映像が流れて胸がいっぱいになった」。明治大の後輩、島内宏明外野手は「改めてすごい人だったんだなと思った」と話した。献花台には日本代表の稲葉篤紀監督、日本野球機構(NPB)の斉藤惇コミッショナー、星野氏の下で中日の投手としてプレーした韓国出身の宣銅烈氏らも花を手向けた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

中日からドラフト1位指名のあいさつを受け、与田監督のサインが書かれた入場パスを手に笑顔を見せる中京大中京高の高橋宏斗投手(27日、名古屋市)=共同

 中日からドラフト1位指名を受けた愛知・中京大中京高の高橋宏斗投手が27日、名古屋市の同校で松永編成部長や米村チーフスカウトらから指名あいさつを受け「自分もやっとこの舞台に立てたんだなと思った。期待に …続き (20:01)

交渉権を射止めた阪神の矢野監督(右)とポーズをとる近大の佐藤輝明内野手(27日、大阪府東大阪市)=共同

 ドラフト会議で4球団が1位指名で競合し、阪神が交渉権を得た近大の佐藤輝明内野手が27日、大阪府東大阪市のキャンパスで矢野監督のあいさつを受けた。当たりくじを手渡され「持ち味は走攻守全てできるところ。 …続き (18:45)

ソフトバンクからドラフト1位指名のあいさつを受け、スカウトと記念撮影する花咲徳栄高の井上朋也内野手=右(27日、埼玉県加須市)=共同

 ソフトバンクからドラフト1位指名された埼玉・花咲徳栄高の井上朋也内野手が27日、埼玉県加須市の同校でスカウトらの訪問を受け、「少しずつ実感が湧いてきた。3割、30本をコンスタントに打てる選手になりた …続き (18:45)

ハイライト・スポーツ

[PR]