/

サッカーW杯、アジア出場枠4.5を維持 18・22年大会

【チューリヒ(スイス)=共同】国際サッカー連盟(FIFA)は30日、スイスのチューリヒで臨時理事会を開き、ワールドカップ(W杯)の2018年ロシア、22年カタール両大会の大陸連盟別の出場枠を変更しないと決めた。昨年のW杯ブラジル大会で1勝も挙げられなかった日本を含むアジアの出場枠は、大陸間プレーオフ出場を含め4.5を維持した。

ほかの大陸連盟は欧州が13、アフリカは5、南米は4.5、北中米カリブ海3.5、オセアニアが0.5となる。開催国枠が加わり、18年大会は欧州が14、22年大会はアジアが5.5となる。

29日の会長選挙で5選を果たしたゼップ・ブラッター会長の下で、新体制がスタートした。同日の総会でFIFA理事就任が承認された日本サッカー協会の田嶋幸三副会長も出席した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン