/

伊藤・藤井ら準決勝に進出 ボルダリングのジャパン杯

準決勝進出を決めた伊藤ふたば(3日、駒沢屋内球技場)=共同

スポーツクライミングのボルダリング日本一を決めるジャパンカップは3日、東京・駒沢屋内球技場で予選が行われ、女子は昨年史上最年少優勝を果たした15歳の伊藤ふたば(岩手県協会)ら21人が準決勝へ進んだ。11度目の優勝を狙う野口啓代や14歳の森秋彩(ともに茨城県連盟)らも順当に勝ち上がった。

男子は3連覇を狙う藤井快(東京都連盟)、2016年世界選手権を制した楢崎智亜(栃木県連盟)、昨季にワールドカップ(W杯)初勝利を挙げた渡部桂太(三重県連盟)ら20人が突破した。

4日に準決勝と決勝が行われる。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン