サッカー

アジア代表のアルヒラル、準決勝進出 サッカークラブW杯

2019/12/15 1:18
保存
共有
印刷
その他

サッカーのクラブワールドカップ(W杯)第2日は14日、ドーハで行われ、アジア代表のアルヒラル(サウジアラビア)がアフリカ王者のエスペランス(チュニジア)に1-0で競り勝って準決勝に進出した。

アルヒラルは17日(日本時間18日)に決勝進出を懸け、南米覇者のフラメンゴ(ブラジル)と顔を合わせる。〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 J1のG大阪は9日、緊急事態宣言を受け、当初13日までとしていたトップおよびU―23(23歳以下)チームの活動休止期間を延長すると発表した。再開時期は未定。
 J1のC大阪も同様に、チームの活動を当面 …続き (20:42)

 サッカーのイングランド・プレミアリーグのサウサンプトンは9日、新型コロナウイルスの感染拡大による活動停止に伴い、ハーゼンヒュットル監督や選手、コーチ、役員の4~6月の給与の一部支払いを先送りすると発 …続き (20:28)

 日本女子サッカーリーグは9日、7都府県を対象とした緊急事態宣言が7日に発令されたことを受け、プレナスなでしこリーグ1、2部と3部に当たるチャレンジリーグに参加する全32チームに、5月6日まで活動を自 …続き (18:37)

ハイライト・スポーツ

[PR]