2018年11月18日(日)

プロ野球

広島、松山の先制打で競り勝つ ヤクルトは借金40に

2017/9/2 20:57
保存
共有
印刷
その他

1回広島1死一、二塁、松山が右中間に先制2点二塁打を放つ(2日、神宮)=共同

1回広島1死一、二塁、松山が右中間に先制2点二塁打を放つ(2日、神宮)=共同

広島は一回に松山の2点二塁打で先制し、1点差に迫られた直後の九回に代打西川の一発で突き放した。窮地で粘った薮田は6回無失点、7奪三振で13勝目。ヤクルトは小川が追加点を許さなかったが、拙攻で6連敗。借金40に達した。〔共同〕

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

契約更改後に記者会見する、ロッテの角中勝也外野手(17日、千葉市のZOZOマリンスタジアム)=共同

 今季取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使せず残留したロッテの角中勝也外野手が17日、ZOZOマリンスタジアムで契約更改交渉に臨み、現状維持の1億3100万円でサインした。「このユニホームで …続き (17日 19:45)

 巨人の大塚淳弘球団副代表は16日、広島から国内フリーエージェント(FA)権を行使した丸佳浩外野手(29)について、「15日に代理人と連絡を取り、日程を調整中」と入団交渉の準備を進めていることを明らか …続き (16日 18:28)

 西武から海外フリーエージェント(FA)権を行使した炭谷銀仁朗捕手(31)が16日、東京都内で巨人と初めての入団交渉を行った。球団から原辰徳監督の「優勝するために力を貸してほしい」とのメッセージを伝え …続き (16日 18:28)

ハイライト・スポーツ

[PR]