2019年5月21日(火)

プロ野球

広島、松山の先制打で競り勝つ ヤクルトは借金40に

2017/9/2 20:57
保存
共有
印刷
その他

1回広島1死一、二塁、松山が右中間に先制2点二塁打を放つ(2日、神宮)=共同

1回広島1死一、二塁、松山が右中間に先制2点二塁打を放つ(2日、神宮)=共同

広島は一回に松山の2点二塁打で先制し、1点差に迫られた直後の九回に代打西川の一発で突き放した。窮地で粘った薮田は6回無失点、7奪三振で13勝目。ヤクルトは小川が追加点を許さなかったが、拙攻で6連敗。借金40に達した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

7回西武1死一、二塁、山川が左中間に3ランを放つ(21日、沖縄セルラー)=共同

【西武7―6ソフトバンク】西武が勝率5割に復帰した。二回に栗山の2ランで先制し、五回に外崎の適時打などで2点を加点。4―3の七回に山川の20号3ランで差を広げた。十亀は6回1失点で2勝目。ソフトバンク …続き (22:48更新)

 巨人の菅野智之投手が21日、腰の違和感で出場選手登録を外れた。22日のDeNA戦で先発予定だったが、原辰徳監督は「重症ではないと聞いている。しかし、登板は難しいかなと。しっかり治して早く(復帰に)な …続き (17:54)

 【ニューヨーク=共同】プロ野球巨人の上原浩治投手の現役引退を受け、元同僚の松井秀喜氏は20日までに談話を寄せ「21年間、日米で素晴らしい実績を残してこられたことに心から拍手を送りたいと思います」とね …続き (10:21)

ハイライト・スポーツ

[PR]