サッカー

長谷部がアジア選手最多出場 ドイツ1部、単独記録を樹立

2020/6/7 1:07
保存
共有
印刷
その他

【ベルリン=共同】サッカーのドイツ1部リーグで6日、長谷部誠と鎌田大地のアイントラハト・フランクフルトはホームでマインツに0-2で敗れた。36歳で元日本代表主将の長谷部はフル出場して1部リーグ通算309試合出場とし、1970~80年代に活躍した元韓国代表の車範根の308試合を上回ってアジア選手単独最多記録を樹立した。

鎌田もフル出場した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 アジア・サッカー連盟(AFC)は23日、昨季王者のアルヒラル(サウジアラビア)がアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)を棄権すると発表した。
 新型コロナウイルス感染者が大勢出て選手11人のみを登録し …続き (15:19)

三浦淳寛氏=共同

 J1神戸は24日、元日本代表でクラブのスポーツダイレクター(SD)の三浦淳寛氏(46)が新監督に就任すると発表した。同日の練習から指揮を執り、初采配は26日の札幌戦(ノエスタ)となる。
 オンラインで …続き (13:13)

 オランダ・サッカー協会は23日、同国代表監督にフランク・デブール氏(50)が就任すると発表した。バルセロナ(スペイン)の監督に就くため退任したクーマン前監督の後任で、契約は2022年ワールドカップ( …続き (10:21)

ハイライト・スポーツ

[PR]