/

アーチェリー五輪代表選考会、古川ら最終日へ

アーチェリーの東京五輪代表最終選考会第1日は20日、五輪会場となる夢の島公園アーチェリー場で男女各5選手が参加して行われ、男子は2012年ロンドン五輪銀メダリストで5大会連続出場を狙う古川高晴(近大職)と、武藤弘樹(トヨタ自動車)河田悠希、菊地栄樹(ともにエディオン)が21日の最終日に進んだ。中西絢哉(近大)が敗退した。

女子はロンドン五輪団体銅の早川漣(デンソーソリューション)と、中村美樹(ハードオフ)大橋朋花、山内梓(ともに近大)が勝ち残った。安久詩乃(同大)が落選。

最終日も72射の合計得点で争い、男女とも上位3人が五輪代表に決まる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン