2019年2月20日(水)
スポーツ > 競馬 > ニュース > 記事

競馬

仏競馬の凱旋門賞、武豊のクリンチャーが挑戦 7日開催

2018/10/6 19:31
保存
共有
印刷
その他

フランス競馬の第97回凱旋門賞(2400メートル芝、G1)は7日、パリロンシャン競馬場で行われ、武豊騎手が手綱を取る日本馬クリンチャー(4歳牡馬)が1番ゲートから出走する。有利とされる内枠から、欧州の強豪馬に挑む。

スタンドなどの改修を終えた同競馬場では3年ぶりの開催。クリンチャーを管理する宮本博調教師は「(最下位の6着だった前哨戦の)フォワ賞の後はハードに調教をしてきましたが、最高に近い状態に仕上がった。最内ですがゲートの出が速いので、すぐに好位に付けられると思う」と話した。

武騎手は、ダービー馬キズナで4着だった2013年以来、5年ぶり7度目の挑戦。同日は凱旋門賞のほかに日本馬のラルク、ジェニアルでG12レースに騎乗する。

日本中央競馬会(JRA)は凱旋門賞の馬券を同日午前7時からインターネットなどで発売する。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

競馬 一覧

G1レース初挑戦を終え、記者会見する藤田菜七子騎手(17日、東京競馬場)=共同

 競馬のフェブラリーステークスは17日、東京競馬場で行われ、武豊騎手のインティが優勝し、日本中央競馬会(JRA)所属の女性騎手で初めてG1レースに挑んだ藤田菜七子騎手のコパノキッキングは5着だった。〔 …続き (17日 17:49)

 第53回小倉大賞典(17日・小倉11R1800メートル芝14頭、G3)3番人気のスティッフェリオ(丸山元気騎乗)が1分46秒7で優勝、重賞2勝目を飾った。
 好位で外から追走したスティッフェリオは最後 …続き (17日 17:22)

第36回フェブラリーステークスを制した武豊騎乗のインティ(6)。左は2着のゴールドドリーム(17日、東京競馬場)=共同

 第36回フェブラリーステークス(17日・東京11R1600メートルダート14頭、G1)1番人気のインティ(武豊騎乗)が1分35秒6で逃げ切って優勝、G1初制覇を7連勝で飾るとともに、1着賞金1億円を …続き (17日 17:00)

ハイライト・スポーツ

[PR]