2018年8月19日(日)
スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

ボクシングで助成金流用か 連盟、他選手へ分配指示

社会
2018/7/28 22:01
保存
共有
印刷
その他

 2016年のリオデジャネイロ五輪にボクシング男子ライト級で出場した成松大介選手(28)=自衛隊=に対して日本スポーツ振興センター(JSC)が15年度に交付した助成金240万円が、日本ボクシング連盟の指示で3等分されて別の2選手に80万円ずつ渡されていたことが28日、関係者の話で分かった。ボクシングで同年度に助成対象だったのは成松選手だけで、不正流用の可能性がある。JSCは今後調査する方針。

 関係者によると、成松選手は助成金を受けた際に日本連盟の山根明会長から「3人で分けるように」と指示され「おかしいと思ったが断れなかった」と話している。助成金の一部を受け取ったとされる選手の1人も事実を認めているという。同会長は連盟を通じ「一切の取材をお断りしている」とコメントした。

 今年に入って助成金の目的外使用の指摘が連盟側に寄せられ、複数の連盟幹部が5月30日に成松選手と面談。幹部らからは「会長の命令っていうと、おかしくなっちゃうから」「あなたが(自分の意思で)分けてやったと言ってくれるとうれしい」などと、会長の指示ではなく同選手が自ら助成金を分配したことにするよう促す発言があった。翌31日には幹部から成松選手の口座に160万円が振り込まれた。

 関係者らは今回の問題に加え、試合の判定での不当な操作や山根会長から関係者へのパワハラ、不正経理があったとして、日本連盟に対する告発状を28日までに文部科学省やスポーツ庁、日本オリンピック委員会、JSCなどに郵送した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

 日本ボクシング連盟の吉森照夫専務理事は18日、助成金流用や過去の暴力団組長との交友などで辞任した山根明会長の後任を、9月8日の臨時総会後の理事会で決めることを明らかにした。現在の理事は全員が辞任し、 …続き (18日 20:09)

11回、TJ・ドヘニーに攻められる岩佐亮佑(16日、後楽園ホール)=共同

 国際ボクシング連盟(IBF)スーパーバンタム級タイトルマッチ12回戦が16日、東京・後楽園ホールで行われ、王者の岩佐亮佑(セレス)は挑戦者で同級1位のTJ・ドヘニー(アイルランド)に0―3の判定で敗 …続き (16日 21:21)

 日本ボクシング連盟は16日までに、不正疑惑で会長と理事を辞任した山根明氏が関西連盟と奈良県連盟の役員、会員も退くことを公式ホームページで発表した。大阪市内で山根氏と会った吉森照夫専務理事が、本人から …続き (16日 17:22)

ハイライト・スポーツ

[PR]