/

テニス女子フェド杯、無観客を検討 大阪のウクライナ戦

日本テニス協会の土橋登志久強化本部長は7日、新型コロナウイルスの感染拡大で、国別対抗戦女子フェド杯で日本が4月17、18日に大阪市ITC靱TCでウクライナと対戦するプレーオフについても無観客開催や会場変更などの事態を想定していることを明らかにした。

土橋強化本部長によると、ウクライナが国際テニス連盟(ITF)に自国開催を要望している。「ITC靱TCは(感染予防などで15日まで)休館中で先が分からない。日本で開催するための選択肢を増やして考えないといけない」と語った。日本での滞在がその後の海外への渡航を制限する恐れがあるため、日本代表の選考に支障が生じる可能性も示した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン