/

自転車オムニアム梶原、ロードレース出場 途中棄権「悔しい」

東京五輪の自転車トラック種目、女子オムニアム代表の梶原悠未(筑波大院)が5日、三重県いなべ市で行われたロードレース大会に出場し、36キロの行程の9キロ付近で途中棄権した。実戦はオムニアムで日本勢初優勝を果たした2~3月の世界選手権以来。「悔しい。半年ぶりのレースで、雰囲気や位置取りを忘れてしまっていた」と反省した。

ロードレースの出場は昨年6月の全日本選手権以来という。この日は男子と同時スタートで「自分の限界の、2割増しのパワーだった」と力負け。1周1.8キロの周回ごとにタイムを落とし「男子に挑むワクワクがあったが…。世界選手権よりきつかった」と苦笑いを浮かべた。

世界選手権以降は1日3~5時間、長距離を走って持久力を磨いた。今回は「成長を確認する」ことが目的だったが、約15分走っただけで不完全燃焼。それでも「この半年では経験がなかった強度だった。もっと高速で長い距離を走れるパワーをつけないといけない。練習を見直す」と話した。

新型コロナウイルスの影響でトラックの国際大会の予定がないため、梶原は今後も国内のロードレースなどで調整を続ける。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン