/

バド米元・田中組が引退試合 元日本代表、ナガマツと対戦

バドミントン女子ダブルスの元日本代表、米元小春(30)、田中志穂(28)組=北都銀行=が30日、秋田市内で引退試合を行った。チームの後輩で世界選手権2連覇中の永原和可那、松本麻佑組と対戦して敗れたが、晴れやかな表情を見せた。

米元、田中組は2017年のスーパーシリーズ(現ワールドツアー)ファイナル制覇など実績を残した。米元は「支えられて歩んでこられた8年間だった」と涙ぐみ、田中も「人に恵まれたバドミントン人生だった」と声を詰まらせる姿もあった。今後は田中が北都銀行のコーチ兼マネジャーとして活動し、米元は今春でチームを離れ、競技普及に力を注いでいくという。

永原は「『ヨネタナ』ペアをずっと目標としていた。自分たちにとって大きな存在だった。教えてもらったことを引き継ぎたい」と話した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン