/

楽天、涌井が開幕投手に 石井監督「一番貢献した」

昨季パ・リーグ最多勝の楽天の涌井秀章投手が今季の開幕投手を務めることが27日、決まった。ロッテ時代の2018年以来10度目の大役となる。石井監督は沖縄県浦添市での練習試合後に「昨年イニングを投げてくれて勝ってくれた。チームに貢献した一番の投手なので、まずは最初に先陣を切るのを任せたい」と選んだ理由を説明した。

涌井は今季初の実戦登板だった26日のヤクルトとの練習試合で先発して2回無安打無失点と順調に調整している。球団を通じ「いつも通り投げるだけ。石井監督の最初の試合なのでウイニングボールを渡せるように頑張る」とコメントした。

〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン