/

白鵬・朝乃山ら全勝 7月場所7日目、1敗は正代ら4人

大相撲7月場所7日目(25日・両国国技館)一人横綱の白鵬は平幕霧馬山を寄り切り、新大関朝乃山も宝富士を危なげなく寄り切ってともに7連勝とした。

宝富士(左)と立ち合う朝乃山。寄り切りで下す(25日、両国国技館)=共同

かど番の大関貴景勝は輝を突き落として5勝目。関脇御嶽海は阿炎の休場による不戦勝で全勝を守った。関脇正代は碧山を突き落として1敗をキープした。

全勝は3人で変わらず、1敗は正代に妙義龍、新入幕の琴勝峰、元大関で再入幕の照ノ富士を加えた4人となった。十両は若元春が1敗で単独トップに立った。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン