2019年9月21日(土)
スポーツ > ゴルフ > ニュース > 記事

ゴルフ

石川と黄重坤、首位守る ゴルフ日本プロ選手権第2日

2019/7/6 18:51
保存
共有
印刷
その他

日本プロ選手権第2日(6日・鹿児島県いぶすきGC=7212ヤード、パー71)3季ぶりのツアー優勝を目指す石川遼と、韓国の黄重坤がともに首位で出て67で回り、通算10アンダーの132で、66をマークしたツアー未勝利の北村晃一と並びトップ。石川は6バーディー、2ボギーだった。

9番でパーをセーブした石川遼。通算10アンダーで首位(6日、いぶすきGC)=共同

9番でパーをセーブした石川遼。通算10アンダーで首位(6日、いぶすきGC)=共同

ショーン・ノリス(南アフリカ)が65を出して1打差の4位に浮上。さらに1打差で前週優勝の星野陸也、重永亜斗夢、時松隆光、松原大輔の4人。今平周吾は通算7アンダーで9位、昨年優勝の谷口徹は5アンダーで17位に浮上した。1アンダーまでの74人が予選を通過。1人が棄権し、73人が決勝ラウンドに進んだ。大雨による順延の影響で7日は第3ラウンドと最終ラウンドの計36ホールで争われる。(出場143選手、晴れ、気温28.6度、南南東の風2.7メートル、観衆2221人)〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

ゴルフのコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

ゴルフ 一覧

第1日、笑顔でラウンドする渋野日向子。3アンダーで8位=共同

 名古屋地区はゴルフ熱が盛ん。42年ぶりに誕生したメジャー覇者を一目見ようと、初日としては今季、そして大会最多の7982人が押し寄せた。1番から鈴なりの大ギャラリーに囲まれた注目の的の渋野も「びっくり …続き (20日 23:21)

第2日、通算6アンダーで2位の今平周吾(20日、ベアーズベストチョンナGC)=共同

 シンハン・ドンヘ・オープン第2日(20日・韓国・ベアーズベストチョンナGC=7238ヤード、パー71)1位から出た昨季国内賞金王の今平周吾は70で回り、ポール・ピーターソン(米国)らとともに通算6ア …続き (20日 20:27)

第1日、2番でティーショットを放つ渋野日向子。3アンダーで8位(20日、新南愛知CC)=共同

 デサント東海クラシック第1日(20日・愛知県新南愛知CC=6437ヤード、パー72)今季3勝の申ジエ(韓国)が11バーディーの2ボギーで回り、16番でホールインワン達成の40歳、李知姫(韓国)と9ア …続き (20日 17:47)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。