2019年9月18日(水)

プロ野球

バティスタ、ドーピング陽性反応 広島が登録抹消

2019/8/17 22:17
保存
共有
印刷
その他

プロ野球を統括する日本野球機構(NPB)は17日、広島のサビエル・バティスタ外野手(27)が6月上旬のドーピング検査で陽性反応を示したと発表した。薬物の種類などは明らかにしなかった。広島は同日付で同選手を出場選手登録から外した。セ・リーグ4連覇に向け、首位の巨人を追う正念場で、今季26本塁打の強打者が離脱した。

NPBは16日に広島に通知。弁明の機会を与えた後、調査裁定委員会で裁決する。横浜スタジアムでのDeNA戦前に対応した広島の鈴木清明球団本部長は「とても残念なこと。(詳細は)今は言えない。全ての結果が出た時にお話しする」と語った。同選手は当面、自宅謹慎となる。

プロ野球で2007年にドーピング検査が本格導入されて以降、違反が明らかになったのは今年6月のオリックスのジョーイ・メネセス内野手(既に契約解除)で6人目だった。NPBの井原敦事務局長は「大変残念。春季キャンプで全員に啓発活動をしているが、外国人にうまく伝わっているのか考え直さないといけない」と話した。

ドミニカ共和国出身のバティスタは同国のカープアカデミーを経て16年に育成選手で入団。17年6月に支配下選手登録された。昨季は25本塁打を放ち、今季は出場103試合で打率2割6分9厘、26本塁打、64打点。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

記者会見で涙ぐむ阪神のメッセンジャー=共同

 プロ野球阪神のランディ・メッセンジャー投手(38)が18日、兵庫県西宮市内で記者会見し、「体が悲鳴を上げ、もう限界だと言っている」と正式に引退を表明した。9月29日の中日戦(甲子園)で引退試合として …続き (13:55)

 ヤクルトは17日、寺原隼人投手(35)と三輪正義内野手(35)が今季限りで現役を引退すると発表した。寺原は「一年でも長く野球をやりたいと思っていた私にチャンスをくれたスワローズには感謝しかない」と球 …続き (17日 12:42)

6回ロッテ無死満塁、田村が中前に勝ち越しの2点打を放つ(メットライフドーム)=共同

 ロッテ・田村には2割台半ばの打率には表れない勝負強さがある。六回、清田の同点打が飛び出したあとの無死満塁。チェンジアップに「泳がされた」といいつつ、うまくバットに乗せて中前への勝ち越し2点打とした。
…続き (16日 22:05)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。