/

クライミング、女子は野中が首位通過 複合ジャパン杯予選

スポーツクライミングの複合ジャパンカップは26日、愛媛県西条市の石鎚クライミングパークSAIJOで開幕して予選が行われ、女子は東京五輪代表の野中生萌(XFLAG)が1位となり、3位の森秋彩(茨城県連盟)らとともに8人による27日の決勝に進んだ。男子は今泉結太(茨城県連盟)がトップ通過し、藤井快(TEAM au)が2位。

女子予選 ボルダリングの野中生萌(26日、石鎚クライミングパークSAIJO)=共同

来年の五輪で実施される複合はスピード、ボルダリング、リードの順で3種目に臨み、三つの順位を掛け合わせたポイントの少ない選手が上位になる。野中はそれぞれ1、1、3位で3点、今泉は2、2、6位で24点だった。

新型コロナウイルスの影響で当初予定の5月から延期となり、無観客で開催。五輪代表で男子の楢崎智亜(TEAM au)と原田海(日新火災)、女子の野口啓代(TEAM au)は欠場した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン