/

セーリング須長由季、五輪代表に RSX級世界選手権

【ソレント(オーストラリア)=共同】セーリングのRSX級世界選手権最終日は29日、オーストラリアのソレントで行われ、女子は須長由季(ミキハウス)が日本勢トップの総合21位で東京五輪代表に決まった。日本セーリング連盟が定める選考会の総合得点でトップが確定し、選考基準を満たした。2012年ロンドン以来、2大会ぶりの五輪出場となる。

女子RSX級に出場した須長由季。日本勢トップの21位で東京五輪代表に決まった(29日、ソレント)=共同

この日は1レースのみが争われ、須長は23位だった。16年リオデジャネイロ五輪代表の伊勢田愛(鳥取県地域振興部)は総合30位となり、連続出場を逃した。昨年、男子のRSX級五輪代表に決まった富沢慎(トヨタ自動車東日本)は男子の総合20位だった。RSX級はウインドサーフィンの五輪正式種目。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン