/

坂本がフリー3位、日本2位で連覇ならず 世界国別フィギュア

フィギュアスケートの世界国別対抗戦最終日は13日、福岡市のマリンメッセ福岡で行われ、日本は女子フリーで坂本花織(シスメックス)が現行ルールで自己最高の146.70点で3位に入った。紀平梨花(関大KFSC)は冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で回転不足となって転倒し、138.37点で5位だった。

女子フリー 演技する坂本花織(13日、マリンメッセ福岡)=共同

順位点合計で2連覇を狙った日本は104点で2位となり、米国が117点で2大会ぶり4度目の優勝を果たした。女子フリーでエリザベータ・トゥクタミシェワが1位だったロシアが102点で3位。

ペアのフリーで三浦璃来(大阪ク)市橋翔哉(関大)組は92.98点で6位だった。

6カ国が参加し、男女各2人、ペア1組のショートプログラム(SP)とフリー、アイスダンス1組のリズムダンス(RD)とフリーの順位ごとに与えられる得点の合計で争われた。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン