/

カヌーの松下桃太郎「上位目指す」 五輪代表が水上練習

カヌー・スプリントの男子カヤックフォア500メートルで東京五輪代表の松下桃太郎と藤嶋大規(ともに自衛隊)が8日、合宿先の石川県小松市で取材に応じた。新型コロナウイルス禍による延期がなければ五輪決勝だった日に水上練習をこなし、松下は「集中を切らさず合宿ができている。五輪では上位を目指せるように頑張っていきたい」と1年後の大舞台へ成長を誓った。

水上練習で汗を流したカヌー・スプリント男子カヤックフォアの松下桃太郎(8日、石川県小松市)=共同

松下と組んで2012年ロンドン五輪ペアで10位となった藤嶋は「五輪に向けてのモチベーションは下がっていないが、今季は目標となるものがない」と、大会中止が相次ぐ異例のシーズンに複雑な思いも口にした。

出場枠が懸かるアジア選手権が来年3月に仕切り直しとなった男子カナディアンペアも合宿に参加。当銘孝仁(三条市スポーツ協会)は「タイムを上げることしか考えていない」と語り、大城海輝(四日市協会)は「1年延びてマイナスにはなっていない。この調子で来年3月までいければ」と充実感をにじませた。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン