/

紀平初Vで世界選手権へ 全日本フィギュア、樋口2位

フィギュアスケートの世界選手権(来年3月・モントリオール)代表選考会を兼ねた全日本選手権第3日は21日、東京・国立代々木競技場で行われ、女子は17歳の紀平梨花(関大KFSC)がショートプログラム(SP)に続いてフリーも1位の合計229.20点で初優勝し、日本スケート連盟の選考基準を満たして代表に決まった。

女子で優勝し笑顔の紀平梨花(21日、国立代々木競技場)=共同

SP4位の樋口新葉(明大)がフリー2位の206.61点で2位、川畑和愛(N高東京)が193.96点で3位。ともに平昌冬季五輪代表で4度優勝の宮原知子(関大)は191.43点で4位、昨年覇者の坂本花織(シスメックス)は188.26点で6位に終わった。

男子でSP首位の羽生結弦(ANA)は22日のフリーに向けた公式練習でループ、サルコー、トーループの3種類の4回転ジャンプを降り、好調ぶりを示した。4連覇を目指す2位の宇野昌磨(トヨタ自動車)も順調な仕上がりを見せ、シングルで最後の演技となる14位の高橋大輔(関大KFSC)も調整した。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン